芸術創造館 催事情報 TOP

Categories

all

公演情報
芸術創造館自主企画
挟み込み情報
芸創で予約受付中
TOPICS
お知らせ

Last Update

2017年 12月 18日
芸創講座「俳優・近藤芳正ワークショップ③」
2017年 11月 10日
劇団皆奏者
2017年 10月 27日
劇団ほどよし『SING LIKE ACTING』
2017年 10月 21日
しろみそ企画第24回公演「星降る夜空と泥棒姫」
2017年 10月 14日
演劇畑ハッピーナッツ20周年記念公演2本立て 『TOY・BOXをさがして』『ハート・エンジン』
2017年 10月 07日
関西大学 劇団万絵巻
2017年 09月 30日
【芸創講座】第二回Open Your Mind Japanワークショップ/講師:RION・原田みのる
2017年 09月 29日
Bratto coyote『イット・ファインズ・キャッツ・アンド・ドッグス』

Archives

  • 2017年 12月
  • 2017年 11月
  • 2017年 10月
  • 2017年 09月

  • 2015年4月以前

    Search

    Links

  • 芸術創造館
    Google MAP
  • Infinity企画『描かれる詩』

    2017.09.22 19:00 TOPICS , 公演情報


    Infinity企画
    『描かれる詩』
    ~ a message for the memory ~

    演出:林洋平
    脚本:中尾周統(激富/GEKITONG)

    ■日時:2017年
    9月22日(金) 19:00-
    9月23日(土) 14:00-/18:00-
    9月24日(日) 12:00-/16:00-

    ■料金:(全席指定)
    前売 3,000円
    当日 3,300円

    ■チケット取り扱い先:
    [一般予約フォーム]
    https://ticket.corich.jp/apply/84778/

    ■お問合せ:
    ・TEL:050-5215-7094(和田)
    ・Mail: info@infinity-kikaku.sunnyday.jp
    ・公式HP: http://infinity-kikaku.sunnyday.jp

    ■あらすじ
    与えられた石高は十万石。
    大きな所領を持つ霧ヶ岳藩が統治する領内の、最も小さな田舎村・鈴音。村の人々は重い税に苦しみながらも、健気に生活していた。

    十年前、一人の浪人が港に流れ着いた。男の名は「朔之介」…とは言っても、本当の名ではない。深い傷を負い、命からがら逃れてきたであろう男には、当時の記憶を思い出すことができなかった。その名は、彼を手当てした村の娘「弥生」が付けた呼び名である。

    武芸に長け、そして教養にも秀でていた男は、村の者から次第に受け入れられ、剣術や学問を指南するようになった。それ以来、鈴音村は少しずつ豊かになっていき、藩からも一目置かれる村へと成長した。

    ある日、藩主の命にて大規模な検知が行われることになった。その時に来た藩の役人は、朔之介の過去を知る人物だった。城へと連れていかれ、自分の過去について聞かされる。そして、その事実を知ってしまう村人たち…。

    『弥生…この両手は汚れているのだろうか?』
    『わかりません。私は目が見えませんから…ただ-。』

    一通の手紙を差し出す女…それは過去の記憶へと繋ぐメッセージだった。
    そこに記されていた事実とは。
    男の正体とは…そして女の想いとは。

    小さな村で起きる小さな物語。

    あなたの記憶は、どんな色で描かれていますか?

    ■キャスト
    田中照人
    河村ちなみ
    佐々木穂香
    佐藤俊作
    椎名桂子
    鈴木ぱんだ
    西岡裕子
    平本茜子

    ■スタッフ
    音響:谷口大輔
    照明:西岡奈美
    衣装:吉田みゅう
    舞台部:流石矢一
    カメラマン:涼太
    宣伝美術:岡橋秀則
    制作:和田愛美