ゲスト、審査員

ゲストライブ BURNOUT SYNDROMES

BURNOUT SYNDROMES

Gt&Vo 熊谷和海 (Kazuumi Kumagai) 1992.5.20 ※center
Ba&Cho 石川大裕 (Taiyu Ishikawa) 1992.5.3 ※right
Dr&Cho 廣瀬拓哉 (Takuya Hirose) 1993.3.14 ※left

関西在住、平均年齢 22歳のスリーピースロックバンド。2005年結成。
日本語の響き、美しさを大切にした文學的な歌詞やヴォーカル、
その世界を彩る緻密に計算されたアレンジ。スリーピースの限界に常に挑戦している。

これまで大阪、東京、名古屋を軸に精力的にライブ活動を行い、自主制作CDを3枚リリース。無料配布CDは10,000人のもとへ届けている。2014年7月には、大阪タワーレコードで1位を獲得した先行シングル「LOSTTIME」を収録した初の全国流通アルバム「世界一美しい世界一美しい世界」をリリース。これまで「RADIO CRAZY」、「Jumpin’ Jack ~power of music~」、「イナズマロックフェス」、「スペースシャワー列伝」などに出演。ワンマンライブは東京、大阪で2度開催。

http://burnoutsyndromes.com/





ライブ審査員

安藤未緒

安藤未緒


1991年に渡米、米国バークリー音楽院に入学。
ジョアン・ホイットカー、マギー・スコットら数々のアーティストを手掛けた講師陣に師事。ヴォーカリストとしてのボディ・エクササイズや発声法を学ぶ。

自身もヴォーカリストとして活動を続けながら、独自のヴォイストレーニング法をまとめあげ、ボストン・ニューヨークにおいてヴォイストレー ナーとして活躍。

これまでに、倖田來未、J Soul Brothers(今市隆二)、AAA、島谷ひとみ、misono、乃木坂46等、数多くのアーティスト、俳優を指導。



砂川義忠


大阪出身の映像ディレクター。
関西各局の音楽番組に多数携わり、数え切れない程のライブ収録を行ってきた。

読売テレビ「音楽ノチカラ」「ガチカメ」「わおーん!」「West21」「RUSH BALL TV」「共鳴野郎」「ベストヒット歌謡祭」
毎日放送「MUSIC EDGE」「SummerSonic2000」「Live Junction」「矢井田瞳特番 私の生きる道」
その他CS音楽ch、ライブイベント映像などを手掛ける。


なおこ(少年ナイフ)

なおこ(少年ナイフ)


ロックバンド、少年ナイフのリーダーでボーカルとギターを担当。
バンドは1981年に大阪で結成。

1983年に1stアルバム「Burning Farm」を京都のゼロレコードからリリース。
同アルバムは1985年にアメリカのK レーベルより発売される。
そのオリジナルなサウンドはニルバーナのカート・コバーンをはじめ、ソニックユース、レッドクロスなどのアーティストから絶大な支持を受けワールドワイドな活動を展開。

以後、アルバムリリースとワールドツアーをコンスタントに続ける。



林皇志


レコーディング・エンジニア
Silence Audio Recording代表。大阪の録音エンジニア。
少年ナイフ、ボアダムスを始めとする、関西出身の錚々たる音楽家の録音を手がけている。


小原啓渡


大阪市立芸術創造館館長