«Prev || 1 || Next»

2012-11-26

芸創めちゃプロ2012 

Category:お知らせ
芸創自主企画企画のご案内 , イベント
『芸創めちゃプロ2012』



大阪で活躍するインディーズアーティストを中心に
”金の卵”を発掘し大応援する
芸創めちゃプロ


■芸創めちゃプロとは・・・


詳細情報

2012-02-22

芸創CONNECT VOL.5

Category:芸創自主企画企画のご案内
芸創CONNECT

芸創CONNECT vol.5芸創CONNECT vol.5

【出演アーティスト】
上本竜平/AAPA『プレゼント』
シュガーライス・センター『小さな光』
鳥公園『すがれる』
村川拓也『対話』(「無人島」より改題)
MuDA『MODAE』
(出演順)

【審査委員】
谷口純弘(FM802プロデューサー)、
服部滋樹(graf代表/デザイナー・クリエイティブディレクター)
東野祥子(BABY?Q主宰/振付家・ダンサー)
松本雄吉(維新派主宰/劇作家・演出家)
やなぎみわ(現代美術家)
(50音順)


詳細情報

2011-11-07

芸創CONNECT

Category:公演情報
芸創自主企画企画のご案内 , 芸創で予約受付中 , TOPICS , イベント , お知らせ
芸創CONNECT

connectconnect
ジャンルを超えた、或いははみ出した、今までにない舞台表現を目指している、アーティストを募集します。各界のユニークな5人の審査委員が、あなたの表現を多角的な切り口から審査。

【審査委員】
谷口純弘(FM802プロデューサー)、
服部滋樹(graf代表/デザイナー・クリエイティブディレクター)
東野祥子(BABY?Q主宰/振付家・ダンサー)
松本雄吉(維新派主宰/劇作家・演出家)
やなぎみわ(現代美術家)

【審査発表】
■2012年2月22日(水)19:00?
■大阪市立芸術創造館3階 大練習室
■1,000円

<芸創CONNECTとは>
大阪市主催事業の「CONNECT」は、「芸創から精華小劇場へ」という連動企画として平成17年度からはじまりましたが、今年の春、精華小劇場が閉鎖されたため、5年間続いた、この企画も一旦は休止となりました。しかし、各方面から、「CONNECTから新しいアーティストが出てきているのにもったいない」「東京や地方にも認知され、関西公演への足がかりになってきている」「これからもつづけてほしい」との声もあり、この度、「芸創CONNECT」として、リスタートすることになりました。

応募の詳細は下の「詳細情報」をクリック!

詳細情報

2007-10-25

日野皓正シニアJazz Big Bandワークショップ参加者募集

Category:公演情報
芸創自主企画企画のご案内
hinows

舞台芸術ワークショップ・大阪2007

ジャズトランペッター日野皓正氏を中心に、一流のジャズミュージシャンを講師に迎え、ワークショップを開催。
大阪発シニアジャズビッグバンド結成をめざして、シニアミュージシャンを大募集します。
やる気のある方、お待ちしています。


参加資格
・シニア世代で楽器演奏の経験がある方
・譜面が読める方
・楽器を持ってこられる方(ピアノ・ドラム等は除く/ヴォーカル不可)
・全日程参加できる方

応募方法
申込用紙に記入のうえ、申込先までお送りください。(持込不可)
○書類選考の結果通知用として、80円切手を貼付した封筒を同封してください。
○オーディション3日前までに通知がなければ、問い合わせ先までご連絡ください。

※お送りいただいた個人情報はこの事業企画のみに利用し、その他の目的には利用いたしません。

申込用紙ダウンロード ⇒(表面 pdfファイル)(裏面 pdfファイル

締 切=平成19年10月15日[月]必着

オーディション
日 時=平成19年10月25日[木]
場 所=芸術創造館
※書類による一次選考があります

ワークショップ
日 程=11月1日[木]、2日[金]、8日[木]、9日[金]、20日[火]
      12月6日[木]、7日[金]
      1月23日[水]、 24日[木]
      2月1日[金]
時 間=15:00?18:15
※2月2日[土]に発表会を予定

場 所=芸術創造館
参加費=10,000円
募集人数=30名

その他
ワークショップ終了後、大阪市事業への出演等によるご協力をお願いする場合があります。
本事業では地域での音楽活動のリーダーとなっていただけるような人材の育成をめざしています。

申込・問い合わせ先
〒540-0002
大阪府大阪市中央区大阪城3番1号
(財)大阪城ホール 文化振興部「Jazzワークショップ」係
TEL/06-4792-2061 FAX/06-4792-2065

WEB:http://www.osaka-johall.com/houjinn/flow/flow_jazzws_01.html">日野皓正シニアJazz Big Bandワークショップ参加者募集

講師
日野皓正 [トランペット]
1942年東京生まれ。9歳の頃からトランペットを習い始め、13歳の頃には米軍キャンプのダンスバンドで活動を始める。 1967年に初リーダーアルバム『アローン・アローン・アンド・アローン』をリリースする。その後、マスコミに"ヒノテルブーム"と騒がれるほどの絶大な注目を集める。1975年、ニューヨークへ渡り居を構え、数多くのミュージシャンと活動を共にする。1989年名門レーベル"ブルーノート"と日本人初の契約アーティストとなる。90年以降、自らの夢である「アジアを1つに」という願いを込め、日野皓正&ASIAN JAZZ ALLSTARSを結成し、北米?アジアツアーを行う。 2000年、大阪音楽大学短期大学部客員教授に就任。(現在に至る) 2001年10月、2枚のアルバムで共演した故ローランド・ハナ(p)、ロン・カーター(b)、ジャック・ディジョネット(ds)と全国公演を行い、各地で大好評を博す。このツアー及びアルバム『D・N・A』で平成13年度芸術選奨文部科学大臣賞(大衆芸能部門)を受賞。 2004年、平成16年春の紫綬褒章を受章。また、映画【透光の樹】の音楽を担当し、オリジナル・サウンドトラックは平成16年度、文化庁芸術祭「レコード部門 優秀賞」、第59回毎日映画コンクール「音楽賞」を受賞。 現在、国内外にて公演を行う他、個展や画集の出版など絵画の分野でも活躍が著しい。またチャリティー活動や後進の指導にも情熱を注いでいる。

多田誠司 [アルトサックス]
1960年香川県高松市生まれ。1992年にCD『The Blues Walk』にて全面的にフィーチャーされ、一躍脚光を浴び、その情熱あふれるプレイで多くのファンを獲得する。その後、海外一流ジャズメン達と共演し交流を深め、1997年5月、JAZZWORKSHOPの一員として二年連続でBLUENOTE公演に参加。1997年度「日本ジャズ賞」部門で第三位、2005年度「日本ジャズメン人気投票」でALTO部門第四位にランクされ、各方面より絶賛される。現在、"the MOST""日野皓正QUINTET""東京LeardersBigBand"等のレギュラーを務める一方、辛島文雄(P)セッション等で活躍中。また、演奏活動のかたわら洗足音楽大学およびDa Capoで講師として教鞭をとる。

片岡雄三[トロンボーン]
1967年11月22日、東京生まれ。中学校のブラスバンドでトロンボーンを吹き始める。高校在学中から"宮間利之とニューハード"に参加し5年間活躍する。平成3年5月にニューハードを退団してジャズトロンボーン奏者として様々な活動を展開。現在は自己のグループ"片岡雄三カルテット"のほか、小曽根真率いる"No Name Horses""原信夫とシャープス&フラッツ""守屋純子オーケストラ""フロントページ・オーケストラ"などのビッグバンドでの活動のほか、渡辺貞夫、日野皓正、大坂昌彦、川嶋哲郎、北村英治、谷口英治などのコンボのソリストとして活動。

石井 彰 [ピアノ]
1963年川崎市生まれ。大阪音楽大学作曲科在学中、ビル・エバンスを聞き衝撃を受け、ピアニストを志す。卒業後、関西で活動を始め、国内外のミュージシャンとの数々のセッションを経て、1991年、拠点を東京へ移す。その後、数々のプレイヤー、ボーカリストと出会い演奏、作曲、アレンジなどの活動を行うようになる。その幅広い音楽性は、聴く者に多面的な印象すら与えるが、常にその根源にあるものは、音楽に対する真摯な姿勢と、溢れんばかりのしなやかな生命力である。それらが、特有の豊かな表現力と優れたバランス感覚によって芸術へと昇華され、多くの人々を魅了している。

金澤英明 [ベース]
1954年3月4日札幌市生まれ。1977年、辛島文雄トリオでピットイン、新宿タロー等に出演。以後、板橋文夫、本田竹廣、ジョージ大塚MARACAIBO等のグループを経て、阿川泰子、渡辺貞夫、日野皓正、近藤房之助グループ等で活動する。1996年10月、自己の初リーダー作『BASS PERSPECTIVE』を発売。2002年、小島良喜(p)、鶴谷智生(ds)とのユニット"コジカナツル"を結成し、2003年にアルバム『コジカナツル』を発売。現在、日野皓正クインテット、コジカナツルを中心に、幅広いジャンルの音楽家と親交を深め、精力的に音楽の活動を展開している。また近年は、近くの小学校で子どもたちのためのコンサートを開いたり、中学生のBIGBANDの指導にあたるなど、後進の指導にも情熱を注いでいる。

海老沢一博 [ドラム]
1965年、"スマイリー小原とスカイライナーズ"でデビュー。以後多数のビッグバンドに参加し日本を代表するドラマーとして多方面にわたり活躍。1970年頃より自己のグループを中心に、"佐藤允彦トリオ"、"宮本直介クワルテット" "高橋達也と東京ユニオン"にも参加。1975年から3年半、ニューヨークとボストンで学び79年帰国。自己のグループ"KEEP GOING"を結成。現在は自宅のドラム教室にて若いドラマーの育成に力を注ぐ傍ら、全国アマチュアビッグバンドのクリニックにも力を注いでいる。最近はトリオ"わらべうた"を林正樹、西嶋徹、と結成しオリジナリティーに富んだ演奏活動を繰り広げている。

ほか

主催=大阪市
企画運営=財団法人大阪城ホール
共催=大阪市立芸術創造館

2006-04-01

芸術創造館自主企画とは

Category:芸創自主企画企画のご案内
芸術創造館は、パフォーミングアーツのインキュベーションセンター(=孵化施設)としての役割を担うべく、様々な自主企画を展開しています。
参加ご希望の方は芸術創造館までお問い合わせ下さい。

芸創ゼミ■最先端で活躍するクリエーターを講師に迎え、創造についての話を聴く少人数制の講座。

芸創ラボ■体験によって学べる様々なジャンルのワークショップを企画しています。

芸創テク■完全個人指導で行う舞台技術者の実践的な養成プログラム。プロを目指す人には就職案内も行います。(募集随時)

芸創エクス■エクスチェンジ(交換)をコンセプトに、ジャンルを超えたステージパフォーマンスを企画。

芸創サロン■毎週日曜日館長・小原啓渡を囲んでのざっくばらんなお茶会。お気軽にご参加下さい。(予約制、定員:3名)
芸創サロンのみ、art-space@artcomplex.netにて受付致します。

«Prev || 1 || Next»