芸術創造館 催事情報 TOP

Categories

all

公演情報
芸術創造館自主企画
挟み込み情報
芸創で予約受付中
TOPICS
お知らせ

Last Update

2021年 11月 13日
【公演延期/11/13〜11/15に延期公演実施】劇団M's-G​ 第6回公演「剱心と献身」
2021年 09月 03日
「泪のみち」
2021年 08月 27日
Team AZURA大阪 10周年イベント「鳳鳴朝陽(ほうちょうようになく)」
2021年 08月 20日
熊の宅急便企画 第8回公演「連星分道(つらぼしみちをわかち)」
2021年 08月 13日
芝居処華ヨタ「待って、待ってる、   待って、待ってた、   待って、待たない。」
2021年 08月 07日
GoldFishTheatre 第3回公演 『GFT版 贋作・桜の森の満開の下』
2021年 08月 05日
【挟み込み情報】Gold Fish Theatre
2021年 07月 30日
ナイスコンプレックス プロデュース公演 第6弾 「12人の怒れる男」

Archives

  • 2021年 07月
  • 2021年 06月
  • 2021年 05月
  • 2021年 04月
  • 2021年 03月
  • 2021年 02月
  • 2021年 01月
  • 2020年 12月
  • 2020年 10月
  • 2020年 09月
  • 2020年 07月
  • 2020年 06月
  • 2020年 05月
  • 2020年 04月
  • 2020年 03月
  • 2020年 02月
  • 2020年 01月
  • 2019年 12月
  • 2019年 11月
  • 2019年 10月
  • 2019年 09月
  • 2019年 08月
  • 2019年 07月
  • 2019年 06月
  • 2019年 05月
  • 2019年 04月
  • 2019年 03月
  • 2019年 02月
  • 2019年 01月
  • 2018年 12月
  • 2018年 11月
  • 2018年 10月
  • 2018年 09月
  • 2018年 08月
  • 2018年 07月
  • 2018年 06月
  • 2018年 05月
  • 2018年 04月
  • 2018年 03月
  • 2018年 02月
  • 2018年 01月
  • 2017年 12月
  • 2017年 11月
  • 2017年 10月
  • 2017年 09月
  • 2017年 08月
  • 2017年 07月
  • 2017年 06月
  • 2017年 05月
  • 2017年 04月
  • 2017年 03月
  • 2017年 02月
  • 2017年 01月
  • 2016年 12月
  • 2016年 11月
  • 2016年 10月
  • 2016年 09月
  • 2016年 08月
  • 2016年 07月
  • 2016年 06月
  • 2016年 05月
  • 2016年 04月
  • 2016年 03月
  • 2016年 02月
  • 2016年 01月
  • 2015年 12月
  • 2015年 11月
  • 2015年 10月
  • 2015年 09月
  • 2015年 08月
  • 2015年 07月
  • 2015年 06月
  • 2015年 05月
  • 2015年 04月
  • 2012年 12月
  • 1970年 01月

  • 2015年4月以前

    Search

    Links

  • 芸術創造館
    Google MAP
  • 劇団暇だけどステキ 第30回公演 『時計葬』

    2017.06.09 18:32 公演情報



    ■日時:
    6月 9日(金)19:30
    6月10日(土)14:00/19:00
    6月11日(日)12:00/16:00
    *受付開始は開演の45分前
    *開場時間は開演の30分前

    ■料金:
    【前売り】2,500円
    【当 日】2,500円
    *中学生以下無料
    *全席自由

    ■問合せ先:
    tel:090-6201-4377(堀)
    e-mail:masao_loss@ybb.ne.jp
    ☆劇団公式サイト

    ■作・演出:北敬裕
    ■あらすじ:
    舞台は暗殺がビジネス化している世界。
    いつでもどこでもどんな方法でも好きなときに好きなだけ嫌いな人を殺せる世界。
    そんな世界の片隅で男は笑っていた。
    4人家族が2人だけになった時もずっと笑っていた。
    妻が殺された理由、息子の居場所、何も思い出せないまま、男はただ笑っていた。
    「あなたの笑顔が好き」と言ったから。
    止めてしまった男の記憶の秒針は、再び時を刻み始める。
    そして男は過去を取り戻すため映像の舞台である暗殺を家業とする村へ行くことを決意する。
    健やかなるときも殺めるときも、仕止めるときも貧しいときも
    ずっとアナタと一緒に居たい・・・そう、言いましたよね。