芸術創造館 催事情報 TOP

Categories

all

公演情報
芸術創造館自主企画
挟み込み情報
芸創で予約受付中
TOPICS
お知らせ

Last Update

2020年 12月 17日
演劇集団STaGe☆PaRaNoRMaL「山田一家〜家族の在り方、有難さ。〜」
2020年 12月 04日
関西大学劇団万絵巻2020年度卒業公演「あやかし」
2020年 10月 30日
yhs 42nd PLAY ヘリクツイレブン
2020年 10月 29日
【挟み込み】yhs
2020年 10月 23日
【公演延期】#Blahblahblah「夕霧コネクション」
2020年 10月 09日
TONE「Lunar Ecripse」
2020年 09月 20日
Contondo #16「屋上の父帰る」
2020年 09月 19日
【挟み込み】Contondo

Archives

  • 2020年 12月
  • 2020年 10月
  • 2020年 09月
  • 2020年 07月
  • 2020年 06月
  • 2020年 05月
  • 2020年 04月
  • 2020年 03月
  • 2020年 02月
  • 2020年 01月
  • 2019年 12月
  • 2019年 11月
  • 2019年 10月
  • 2019年 09月
  • 2019年 08月
  • 2019年 07月
  • 2019年 06月
  • 2019年 05月
  • 2019年 04月
  • 2019年 03月
  • 2019年 02月
  • 2019年 01月
  • 2018年 12月
  • 2018年 11月
  • 2018年 10月
  • 2018年 09月
  • 2018年 08月
  • 2018年 07月
  • 2018年 06月
  • 2018年 05月
  • 2018年 04月
  • 2018年 03月
  • 2018年 02月
  • 2018年 01月
  • 2017年 12月
  • 2017年 11月
  • 2017年 10月
  • 2017年 09月
  • 2017年 08月
  • 2017年 07月
  • 2017年 06月
  • 2017年 05月
  • 2017年 04月
  • 2017年 03月
  • 2017年 02月
  • 2017年 01月
  • 2016年 12月
  • 2016年 11月
  • 2016年 10月
  • 2016年 09月
  • 2016年 08月
  • 2016年 07月
  • 2016年 06月
  • 2016年 05月
  • 2016年 04月
  • 2016年 03月
  • 2016年 02月
  • 2016年 01月
  • 2015年 12月
  • 2015年 11月
  • 2015年 10月
  • 2015年 09月
  • 2015年 08月
  • 2015年 07月
  • 2015年 06月
  • 2015年 05月
  • 2015年 04月
  • 2012年 12月
  • 1970年 01月

  • 2015年4月以前

    Search

    Links

  • 芸術創造館
    Google MAP
  • 関西大学劇団万絵巻「朧の森に棲む鬼」

    2017.12.08 19:00 公演情報



    ■日時:
    12月8日(金)19:00
    12月9日(土)13:30/18:30
    12月10日(日)12:00/16:30
    ※受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前
    ※上演時間は約130分を予定しております。

    ■料金:
    学生:【前売】1,000円 【当日】1,200円
    一般:【前売】1,200円 【当日】1,400円
    三人割(学生・一般共に):三人同時予約でお一人様800円
    ※学生の方は当日学生証をお持ちください。
    ※三人割をご利用の方は必ず三人揃ってご来場ください。
    ※三人割をご利用の方で当日三人揃わなかった場合は学生前売か一般前売の予約とさせていただきます。

    ■チケット取り扱い:
    CoRich舞台芸術!

    ■お問合せ:
    ・TEL:080-5634-0779
    ・Mail:information@yoroweb.com

    ☆劇団公式サイト

    ■脚本:中島かずき
    ■演出:夜王

    ■あらすじ:
    古き神は魔物になる。

    森でオボロと契り、王となるため"鬼"となった男、ライ。
    彼は飽くなき欲望を満たすため都へ向かう。
    そこで交錯する欲と思惑、そして散るは人の夢と命。
    血塗られた欲望の道の果て、彼がたどり着く場所は。

    これが、本道―――。